スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 妊活のために必要なサプリメントとは?

2021.01.29

妊活

妊活のために必要なサプリメントとは?

不妊とは?

「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

不妊のカップルは約10組に1組と言われていますが、近年、妊娠を考える年齢が上昇し、この割合はさらに高いとも言われています。
不妊なのかな…と考えただけでも、とてもご不安になることと思います。まずは健康であることを確認し、人生のプランをたてるために、産婦人科医に相談してみましょう。

参考:日本産婦人科学会

http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=15#:~:text=

不妊の原因の男女比率とは?

WHOによる調査で以下のような数値が発表されています。

●女性に原因…41%
●男性に原因…24%
●男女双方に原因…24%

【女性の主な原因】

○卵子の老化

○卵管の異常(クラミジア感染症、子宮内膜症、骨盤内感染症などによる卵管閉塞、卵管狭窄、卵管留水腫)

○排卵障害

○子宮の異常(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮腺筋症、子宮奇形、子宮内癒着、子宮内膜菲薄化、など)

○子宮頸管粘液の異常

○免疫の異常(抗精子抗体)

【男性の主な原因】

○造精機能障害

○性機能障害

○精路閉塞障害

などが挙げられます。

このような診断を受けるにはまず、産婦人科へ行き、医師の指示を仰ぎますよね。
症状を改善するにあたり、まずサプリメントでのビタミン補給やホルモン剤などのお薬の服用をされる方も多いです。

男性と女性で飲むサプリメントは違う?

不妊治療における必要なサプリメントは、男性、女性とではほとんど変わりません。それは一体どんな栄養素が必要なのでしょうか?

(赤血球を作ったり、体内へ酸素を運ぶ、排卵障害の改善)
ビタミンD(卵子の質や着床と深い関係)
亜鉛(細胞分裂や着床に関係するホルモンの合成、精子を作る上で欠かせない栄養素)

しかし、サプリメントはあくまでも補助的なものです。
食事をバランスよく美味しくいただき、そのうえでサプリメントを利用して十分な栄養を補うという意識であることが望ましいでしょう。

薬とサプリメントを一緒に飲んでも良いの?

サプリメントには、妊娠を希望する方、または妊娠中の女性のための葉酸、ビタミンやミネラルなどが配合されています。
治療中やお薬を服用されている際は、サプリメントのような栄養機能食品を併せて摂取すると、お薬の作用が強まったり、弱まったりする場合があります。適正量を摂取していただくため、サプリメントの摂取前に、ドクターや薬剤師にご相談いただくことをおすすめします。

サプリメントを飲むタイミングは?

サプリメントは薬ではないので、厳密には摂取する時間は明記されていません。ですが、より効率よく吸収させるには、サプリメントの特徴を知って、飲むタイミングを考えるのがおすすめです。

●ビタミン系サプリメントは、朝飲む!
ビタミンは神経活動をサポートする補酵素です。そのため、夜摂取すると頭が冴えてしまったり、気持ちが高ぶってしまう可能性があります。これから活動を始めるという朝摂取するのがオススメです。
しかし、葉酸は水溶性のため、朝補給しても尿から排泄され、夕方には足りなくなります。そのため、朝と夕方、または、朝昼夕の食事に合わせるのが無駄のない摂取方法になります。

マルチビタミンを飲んでもいいの?

マルチビタミンとは、1つの錠剤にビタミン、 ミネラルを総合的に配合したもので、手軽に多くの種類のビタミン、ミネラルを摂取することができます。 基本の身体作りに欠かせない栄養素を摂取する「ベーシックサプリメント」ととして活用できるので、飲むことをオススメします。

【マルチビタミン】

・ビタミンA
・βカロテン
・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンB群

【ミネラル】

・カルシウム
・マグネシウム
・亜鉛
・ヨウ素
・セレン
・銅
・マンガン
・クロム

サプリメントは水以外で飲んでもいいの?

飲み物の中には栄養素の吸収を阻害してしまうものもありますので、サプリメントは、水やぬるま湯で飲むことをオススメします。また、水も、ビタミンを破壊してしまうと言われる「塩素」の含まれる水道水よりも、ミネラルウォーターや浄水器を通した水がオススメです。

天使のたまごで出来ること

医師の視点と科学的根拠に基づく、それぞれのステージに合わせた鍼灸治療を軸に、妊活をサポートしてまいります。

ストレスから心身を解放し、骨盤内にある子宮や卵巣への血流が大切です。
血液は全身を巡っているので、冷えや肩こりなどの血行不良がある状態では、骨盤内への血流も滞りやすくなります。
したがって、鍼灸治療やアロママッサージで全身の血行を促進し、骨盤内への血流を改善することで、受精・着床しやすい身体づくりをサポートします。

≪トライアルコースの鍼灸オイルマッサージコース≫

上記のお悩みがある方で、お初めての方限定の体験コースとなります。初診料が掛からず、「鍼灸、指圧マッサージ、オイルマッサージ」の中から、お好きなものを組み合わせて施術をお受けいただけます。ぜひ一度ご体感くださいませ。

▼トライアルコースについて詳しくはこちら▼

https://www.tenshinotamago.com/user_data/care_ninkatsu.php

天使のたまごオリジナルの葉酸サプリ【RICH FERTILITY】

妊活中~妊娠12週目までに必要な栄養素が配合されている葉酸サプリです。
妊娠をしやすく、健康な子供が授かる子宮内環境をつくる目的で設計した産婦人科医監修のサプリメントです。

『葉酸が沢山必要になるのは、着床時から赤ちゃんの臓器が出来る初期。』
赤ちゃんの将来の健康を願って、ビタミンB12・ビタミンB6・葉酸を配合。
葉酸は国内最高容用量の850㎍も配合。
しっかりと体に吸収されるように吸収率が良い、合成型の葉酸を配合しています。

ご購入につきましては、オンラインまたは院内にて販売をしております。

▼詳しくはこちら▼

https://www.tenshinotamago.com/products/list.php

最後に。

妊活に効果的な栄養素についてみていきましたが、「妊活中だから」とあれもこれも頑張ってしまうと、身体にも心にも負荷がかかってしまいます。ストレスは妊活の大敵です。できることから少しずつ初めて、リラックスした毎日をお過ごしくださいね。

本日は出田と中山がお送りいたしました。

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

ホームページオフィシャルFacebookパソコンからのご予約スマホからのご予約 【銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【新宿杉山産婦人科院】
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール  マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売