お医者さんブログ

トップページ > お医者さんブログ > 子供の日焼け防止対策について

2019.06.19

子ども 片山聖子先生 美容皮膚科医

子供の日焼け防止対策について

子供の日焼け防止対策について

子供の日焼け防止対策は行っていますか。夏になると日差しも紫外線も強くなり、真っ黒に日焼けする子供が多くいます。子供のうちから日焼け止めを塗るなどの日焼け防止対策を行っておかなければ、後に紫外線の影響が体に現れてしまうかもしれません。
紫外線によるダメージは私達の体に悪影響を及ぼします。しみやシワができたり、また皮膚ガンや白内障が起こるリスクも高くなってしまいます。

大切なお子様のためにも日焼け止めをしっかり塗ってあげるようにしましょう。しかし、子供の肌はデリケートです。無香料、無着色、オーガニックなどの安心、安全な日焼け止めを選ぶようにしましょう。

子供の日焼け止めの選び方

デリケートな子供の肌にはノンケミカルの日焼け止めが一般的に推奨されております。ノンケミカルとは紫外線吸収剤を使用していないことを指します。

紫外線吸収剤が入っていると敏感肌の方はそれが刺激となってかぶれたり、赤くなったりすることがあるからです。 しかしながら、当店の日焼け止めは刺激の元と言われていた紫外線吸収剤をカプセルに包むことにより、安全にお使いいただけます。

さらにムラなく塗れ、石鹸で落としやすい日焼け止めを選ぶようにしましょう。SPFが高ければ高いほど石鹸では落としにくくなるため、子供の肌には負担になってしまいます。ですから、肌に負担がかからない日焼け止めを塗るようにしましょう。


現在、子供用の日焼け止めも種類豊富に販売されています。通販を利用される方は売上ランキングを確認することができるのでそちらも参考にしながら購入することができるのではないでしょうか。お子さんの肌を守るためにも安心、安全な日焼け止めをご購入下さい。