お医者さんブログ

トップページ > お医者さんブログ > 妊娠線のケアは保湿が基本です

2021.09.29

マタニティ 片山聖子先生 美容 美容皮膚科医

妊娠線のケアは保湿が基本です

美意識の高いママたちから最近よく質問される「妊娠線」。「皮膚線条」とも呼ばれ、妊娠でお腹が引き伸ばされ、皮膚の線維組織が切れることによって生じます。おしりや太もも、ニの腕などにも出現します。一度できてしまうと完全には元に戻りませんが、妊娠中のケアで最小限にはおさえられます。

ケアの基本は保湿。保湿力が高く、弾力のある柔らかいお肌へ導く成分が入っているオイルやクリームで、毎日赤ちゃんに語りかけるように楽しみながらスキンケアをしてみてください。

また、急激に皮膚を引き伸ばさないように腹帯や、適度な体重コントロールも大切です。

ママになってもキレイでいるために、赤ちゃんが産まれるその瞬間まで、きちんと継続してくださいね。

この記事の監修ドクター
片山聖子 先生
2000年 横浜市立大学医学部卒業
都内大学病院にて一般皮膚科を中心として麻酔科、救命救急医療などを習得。
2003年 日本初の総合病院内に設立された美容外科である北里研究所美容医学センターにて美容皮膚科を担当。またその後も数多くの美容クリニックで施術を行っている。2008年麻布ビューティクリニック設立。