お医者さんブログ

トップページ > お医者さんブログ > 紫外線がもたらす子供への影響

2019.11.14

子ども 片山聖子先生 美容皮膚科医

紫外線がもたらす子供への影響

紫外線がもたらす子供への影響

あなたは子供の頃、両親や周囲の人に「部屋の中にずっといたら不健康になるから外に出てたくさん遊んできなさい」といわれた経験はありませんか。
ほとんどの方が、子供は太陽の下で元気良く遊ぶのが大切だという教えを受けてきたと思います。
確かに、日光浴をすることは大切なことですし、爽やかな気分を満喫することができます。
しかし、いくら子供であっても、外出する際に紫外線対策を行わないと、体に悪影響をもたらす恐れがあります。

また、デリケートな子供の皮膚は、大人よりも紫外線の影響を受けやすいです。
年齢が若ければ若いほど、肌へのダメージを受けやすいので、子供の頃から対策を取るようにしましょう。
これから、紫外線が子供にどんな影響をもたらすのかご紹介致しますので、生まれてくるお腹の赤ちゃんのため、または現在お子様がいらっしゃる方は、ぜひご覧になってください。

皮膚に与える影響

子供の頃はまだ若いから大丈夫と思い、何の心配もなく日焼けを繰り返している人も多いと思います。
しかし、若い年齢の時に紫外線を浴び続けていると、大人になって皮膚ガンを発症する確率が高くなります。
外へ出かける際は、帽子をかぶせる、長袖を着させる、日焼け止めを塗るなどの対
策を行いましょう。

免疫力の低下

紫外線を受けることで、皮膚の免疫力が低下します。そのような状態になると、イボやヘルペスなどのウイルス感染の病気にかかりやすくなります。
健康を維持するためには、紫外線対策を徹底するように心がけましょう。

目に与える影響

直接、日光を浴びることによって、角膜炎や白内障などさまざまな目の病気を引き起こす可能性があります。
目を紫外線から守るためにも、お子様に帽子やサングラスをかけるなどの対策をとってください。

この記事の監修ドクター
片山聖子 先生
2000年 横浜市立大学医学部卒業
都内大学病院にて一般皮膚科を中心として麻酔科、救命救急医療などを習得。
2003年 日本初の総合病院内に設立された美容外科である北里研究所美容医学センターにて美容皮膚科を担当。またその後も数多くの美容クリニックで施術を行っている。2008年麻布ビューティクリニック設立。