• トップ ≫ 
  • お悩みから選ぶ ≫ 
  • 産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正・腰痛

概要

産後は育児にかかりっきりになりがちで、自分のことまで気が回らないことも多いと思いますが、「産後の肥立ち」というくらい産後のケアは重要で、その後の生活に大きな影響を与えます。産後のケアのなかでも、特に重要なのが骨盤矯正です。

妊娠中は、ホルモンによって骨盤を固定しているじん帯が緩み、骨盤を広げることで、胎児を育みます。広がった骨盤は産後すぐ元に戻るのではなく、時間をかけてゆっくりと戻ります。個人差はありますが、約3ヶ月で元のサイズに戻るといわれています。

しかし、出産前とまったく同じ状態に戻るわけではありません。骨盤のかたちには、日頃の動作やくせなどが大きく関係してきます。産後は赤ちゃんの抱っこ、おむつ替え、沐浴などで身体の左右のバランスが崩れやすく、骨盤への負担も大きくなりがちです。

骨盤の左右、前後に差ができたまま固定されると、腰痛や生理痛、不妊、冷え症、更年期障害などの原因になることもあるため、注意が必要です。

当院でのアプローチ

当院では、骨盤矯正をする前に、現在の骨盤のかたち、角度、体の重心などを詳しく確認します。骨盤を中心に全身の状態を確認し、しっかりと筋肉をほぐした後、矯正を行っていきます。骨盤矯正には、専用の機械を使用します。機械を用いることで、均等に圧を加えることができ、よりきれいに骨盤が締まりやすくなります。

特に緩みの強い産後1ヶ月の間に、一度施術を受けていただくことをお勧めしております。施術後は、骨盤を固定するために骨盤ベルトを使用してきただきます。そのほか、鍼灸やマッサージ・ストレッチ・日常生活でのアドバイスも併せておこなっており、継続して産後1か月〜1年の間に、月2回ほど施術することをお勧めします。

オンライン予約

日頃の過ごし方

骨盤は、周囲の筋肉のバランスが崩れることでもゆがんでいきます。

骨盤のゆがみを防ぐためには、トレーニングをしながら、弱い筋肉を強める必要があります。特に、産後緩みがちな腹筋やおしりの筋肉などの骨盤まわりの運動は必須です。

患者様の声 ~ 体験談 ~

産後は骨盤が大切だそうなので、骨盤のケアにうかがっています。こちらの施術は、不思議な道具を使って骨盤ケアをしてくれます。痛みはないです。身体の内側と外側、両方からのケアが重要だということで、鍼やお灸も一緒に受けています。最初は効果がわからなかったのですが、産後半年ほどで、妊娠前のジーンズがはけるようになってきました。

以前通っていた整体で骨盤矯正をしてもらいましたが、骨盤がしまったかんじがしないし、腰は痛いまま。どこかほかにないかと探していたところ、天使のたまごのことを知りました。施術を受けてみると、整体で受けたような強い刺激はなく、知らないうちに眠ってしまったくらい。帰り支度をするため、着替えをしたところ、その日履いてきたズボンが緩くなっていて、しかも腰も痛くありません。「すごい」の一言でした。しっかり骨盤を治すまで集中して5回、その後は2ヶ月に1回程度通っていますが、腰のいたみもなくなりました。

▲ このページのTOPに戻る